頭痛は薬では無くサプリメントで解消しよう!

頭痛持ちの人にとっては、症状が起こることに加えて頭が痛くなりそうな感覚が出てくるだけで不快になるという人も多いのではないでしょうか。

 

仕事に支障をきたしたり、日常生活でストレスを感じるなど頭痛に悩まされるケースは比較的頻繁に起こります。

 

頭痛薬を飲むという人もいると思いますが、できれば薬は飲みたくないという人もいるでしょう。
そんな人のために、頭痛の種類や頭痛を解消する効果が期待できるサプリメントを頭痛の種類別に紹介していきます。

頭痛を解消するサプリランキング

ズキラック

雨が降り出しそうな時や月に1回のあの前、そして何の前触れもなく急にくるズキズキ・ガンガンという辛さを改善するサプリです。
8種類の自然素材や大豆イソフラボンの力で体内のめぐりやバランスを整え、健康な状態に導くことで不快感を軽減します。

 

GMP認定の工場で製造された安心感と、返金制度もあるので不安なく始められる頭痛対策です。

 

オススメしたい人 ・急に来るガンガンをなんとかしたい

・ホルモンバランスの乱れによる体調不良がある
・体に優しい素材のサプリで元気になりたい

主な特徴 ・8種類の自然系素材配合で体に優しい

・1日99円で始められるズキズキ対策
・モニター満足度94.6%の実感力

成分 フィーバーフュー/大豆イソフラボン/松樹皮エキス末/マグネシウムなど
価格 特別モニターコースで初回限定2,980円
評価

 

 

ズツノンDr.

3種類の天然ハーブと8種類の伝承温和漢成分を配合した高品質なズキズキ対策サプリで、体の中を整えて心を落ち着かせる事をサポートします。
ストレス→体のめぐりの異常→ガンガン、ズキズキ→ストレスという悪循環を断ち、スッキリした体を目指すことが目的です。

 

体に優しい成分で構成され、生産体制も非常に厳重なので安心して長く続けられます。

 

オススメしたい人 ・頭が重たくスッキリしない毎日が続く

・突然ズキズキ・ガンガンが始まるのが辛い
・ストレスを感じることが多い

主な特徴 ・3種類のハーブと8種類の和漢成分配合

・GMP認定工場で作られた高品質なサプリ
・2週間の返金保証がついてくるので安心

成分 フィーバーフュー/チェストツリー/レッドクローバー/クコの実など
価格 初回限定で2,980円
評価

 

 

ずきしらずの実

突然来るズキズキ・ガンガンの頻度を抑え、もしも始まっても早く治まる体質を目指すための北の恵みたっぷりのサプリです。
フィーバーフューに加えてマグネシウムが豊富なにがりと、アイヌに古くから伝わるオオイタドリを配合し、体のめぐりを整えてくれます。

 

ずきしらずの実を始めてから2週間で効果を感じるほとが多く、不快感から開放されたという声も多いです。

 

オススメしたい人 ・目を使ったり長時間動かないことが多い

・突然ガンガン・ズキズキという不快感が来る
・頭が重たくてぼんやりすることがある

主な特徴 ・90%以上の実感力の実力派サプリ

・2週間ほどで違いを実感する人が多い
・全額返金保証付きなのでもしものときも安心

成分 フィーバーフュー/にがり/オオイタドリなど
価格 お試しコースの利用で2,970円
評価

 

 

頭痛の種類とは

頭痛持ちイコール片頭痛ではない

一言で頭痛と言っても、いくつかの種類があります。よく片頭痛持ちといった言葉を聞きますが、実際には片頭痛ではない場合もよくあり混同されていることが多いのが実状です。頭が頻繁に痛くなる場合イコール片頭痛と思っている人もいるのではないでしょうか。

 

 

 

片頭痛と並んでよく挙げられるのが、緊張型頭痛です。肩こりなどで筋肉が固まっているときに起こりやすい頭痛ですね。また、近年では第3の頭痛と言われる後頭神経痛や、群発頭痛というものもあります。

対処はそれぞれ違う

よくとられる頭痛への対処方法としては、身体を温めて血流を良くするもしくは目や頭などを冷やして落ち着かせるなどですが、自身の頭痛の種類に合わせて適切な方法をとる必要があります。反対のことをしてしまうと悪化するということですね。

 

 

 

頭痛がどのように起こっているのかを知ることで、適切な対処をすることができます。以下では、それぞれの頭痛の病態と合わせて、効果の期待できるサプリメントを挙げていきます。

サプリメントで頭痛を解消する@片頭痛

頭の血管が拡張しているケース

よく言われる片頭痛というのは、脳の血管が拡張しているとされています。ストレスなどで神経伝達物質であるセロトニンが大量に放出されてしまうと、その後セロトニンの生成が追いつかずに不足してしまうと言われています。セロトニンには脳の血管を収縮させるはたらきがありますが、不足することで反対に血管が拡張しやすくなるということですね。

 

 

 

痛みは拍動性とも言われ、脈に一致して痛むことが特徴とされています。光や音などの刺激に敏感になり、吐き気などを伴うことも挙げられています。血管が拡張していることが原因なので、首などを温めたりすると余計にひどくなる場合があり、経験したことがある人もいるでしょう。

セロトニンの材料を摂る

セロトニンの不足によって血管が拡張しやすいと述べましたが、女性の場合は月経なども影響して女性ホルモンのバランスが崩れることでセロトニン不足にも陥るようです。女性ホルモンの1つであるエストロゲンが過剰になると、セロトニンの材料が消費されてしまうと言われています。

 

 

 

セロトニンの材料となるのは亜鉛やマグネシウムといったミネラルやビタミンB6です。これらをサプリメントで継続的に摂っていくことでセロトニン不足の状態を作らないようにするとともに、生理前にはイソフラボンの摂取を控えめにすると良いでしょう。イソフラボンは大豆に多く含まれるポリフェノールで、大豆はタンパク源としても重要ですが、エストロゲンに似たはたらきをすると言われていることから過剰になる場合があるためです。

サプリメントで頭痛を解消するA緊張型頭痛

血流が悪くなっているケース

上述したような、肩こりが続いて筋肉が固まっているようなケースでは血液循環が悪くなります。このケースの頭痛を緊張型頭痛と言い、片頭痛とは違って頭の両側が均等に痛いような、締め付けられる痛みが特徴とされています。

 

 

 

ただし、光や音に敏感といったことは少なく、吐き気などを伴うことも少ないようです。同じ姿勢での負担の蓄積などによる肩こりや首こりで起こり、特に夕方疲れてくると起こるケースが多いとされています。肩こりからの頭痛も経験している人は多いのではないでしょうか。

血流を良くする成分を摂る

血流が悪くなっていることが問題なので、お風呂にゆっくり入れば解消するという人や軽く運動すると楽になるという人もいるでしょう。サプリメントで有効な成分としては、血流の改善が期待できる成分です。

 

 

 

具体的には身体を温めて血流を促進するショウガオールやDHA・EPA、ビタミンB3やアミノ酸の一種であるアルギニンなどが挙げられます。ショウガオールは生姜の成分、DHA・EPAは青魚に含まれる不飽和脂肪酸、ビタミンB3はナイアシンと言った方がわかりやすいでしょうか。成分ではなく食品ですが、にんにくやタマネギなどがサプリメントになったものも効果が期待できます。

サプリメントで頭痛を解消するB後頭神経痛

神経の痛みのケース

上述したように、近年第3の頭痛と言われて増えてきているのが後頭神経痛で、なったことがあるという人もいるのではないでしょうか。文字の表す通り後頭部の神経に沿って痛みが出るのが特徴で、神経の痛みの特徴であるピリピリやキリキリといった表現がなされるとされています。

 

 

 

何かの拍子に一瞬だけ電気が走るような激しい痛みが出る場合や、長時間ピリピリした状態が続く場合などがあるようです。後頭神経は筋肉を貫通している部位もあり、筋肉の緊張が原因の場合もありますが、神経痛とあるようにストレスの関与も大きいと言われています。

神経に有効なのはビタミンB群

後頭神経痛に限らず、痛みに神経が関与している場合には病院でもよくビタミン剤が処方されます。ビタミンB群が多く、ビタミンB12が特に多いとされています。ビタミンが神経に効くということは理解していなかったけど、処方されたことがあるという人は意外に多いでしょう。

 

 

 

ビタミンB群は神経のはたらきを正常に保つ作用があるため多くのケースで処方されます。またビタミンB群は補酵素とも呼ばれ、私たちの身体のすべての機能に関わっている酵素を補助しているので、身体の調子を整えるという意味でも重要な成分です。ストレスに対してはビタミンCやビタミンEも合わせて摂取すると良いでしょう。

サプリメントで頭痛を解消するC群発頭痛

男性に多い頭痛

頭痛の種類では、片頭痛などに比べてあまり取り上げられませんが群発頭痛というものもあります。詳しいメカニズムは解明されていませんが、片頭痛と同様で血管が拡張しているのではないかと言われています。片頭痛が女性に多いとされるのに対して、この群発頭痛は男性に多いということです。

 

 

 

痛みは強烈なことが多く、眼の奥の血管が拡張していることが指摘されていますが、眼がえぐられるといった表現が使われるようです。また、一度痛み出すと2〜3ヶ月ほどは症状が続き、その後半年や数年期間を空けて症状が再び出ることから群発頭痛とされています。痛みで動けなくなることもあるようです。

アルコールは避け血管の拡張を避ける

血管が拡張しているということで、基本的には片頭痛同様に亜鉛やマグネシウム、ビタミンB6などが有効とされています。マグネシウムは特に症状が軽減したという感想が多いようです。

 

 

 

症状が出ている時期には血管の拡張を避けるため、アルコールや上記の血流を良くする成分の摂り過ぎに注意すると良いでしょう。血流を良くする成分は身体には重要なものばかりで、まったく摂らないということも良くありませんので覚えておきましょう。

まとめ

 

頭痛持ちの人のために頭痛の種類や、頭痛を解消する効果が期待できるサプリメントを種類別に紹介してきましたがいかがでしたか?まずは自身の頭痛の種類が何なのかを知ることが大切で、それに合った対策やサプリメントをとっていきましょう。

 

 

 

冒頭でも述べたように頭痛は生活の質を下げてしまうので、体質の改善や生活習慣の改善を行って早く治したいものですね。サプリメントを有効に使っていくことで、頭痛を解消する助けにしていきましょう。